『農業・農村のセーフティーネットを目指して』

施設管理編

Q.1 揚水機場において、呼び水ポンプをいくら運転しても満水にならないことから、現地指導を願いたい。

A.1 フート弁の開閉操作を行ったところ完全に閉まりきらないことが分かり、引き上げて点検したところ弁体部分に小動物の死骸が引っ掛かっており全閉しなかったものと判明。又操作用レバーの取付ボルトが欠落していることが分かり新品と交換して復旧した。

 

Q.2 揚水機場において、ポンプの起動スイッチを入れても始動しない為、現地指導願いたい。

A.2 原因を調査したところフロートレスリレーが故障していた。新しいものと交換して復帰した。(新品と交換するまでの間は応急処置にて対応した。

 

Q.3 排水路フリューム入替工事において、設計書の作成法、積算について指導願いたい。

A.3 土地改良工事積算基準等を用いて指導した。

 

Q.4 揚水機場において、ELB(漏電ブレーカー)が動作しポンプが停止しているので、現地指導を願いたい。

A.4 絶縁抵抗を測定したところ測定値が0Ωであった為モーターが焼損している恐れがあり引き上げて修理依頼することとした。原因は、空転防止用の水位検地装置が設置されていたが、虫の卵状のものが電極についていた為通電状態になり水位が低下してもポンプが停止せずに空運転した為温度が上昇しコイルが焼けたものと思われる。

 

Q.5 排水機場において、エンジン減速機のプライミングポンプ(手動ウィングポンプ)から漏油があり対策等について現地指導をお願いしたい。

A.5 ウィングポンプを分解したところパッキンが劣化していた為交換した。

 

Q.6 揚水機場において、電動弁が閉操作中に過トルクが発生して途中で止まってしまう。このため故障表示がでて自動運転ができなくなる。原因と対策について現地指導願いたい。

A.6 故障表示を確認し、手動にて閉操作を行ったが特に異常が認められなかった。再度、通常の自動運転操作をしたところ、同様な状態が発生した。灌漑期間でもあるので、応急処置として電動弁が全閉する前に停止するようにした。灌漑終了後に電動弁を分解点検したところ、弁体及び弁箱のガイドの役割を果たしている凸凹部分が共に摩耗していた為修理して復旧した。

 

Q.7 排水機場において、非常用発電機エンジンの冷却水ポンプの軸受けが劣化し、Vベルトがバタついている為軸受け交換について現地指導願いたい。

A.7 同ポンプを分解したところ、ベアリングのボールがすっかり破損していた。新しいベアリングと交換し復帰した。併せてVベルトの交換も行った。

 

Q.8 県営ほ場整備事業完了に伴い、維持管理計画書を策定しなければならないと考えている。その指導を願いたい。

A.8 土地改良区による農業水利施設の維持管理は、土地改良区設立の際か、既存の土地改良区が新たに管理事業を始める場合に定められた土地改良(維持管理)事業計画に基づき行われます。維持管理計画書には、目的、管理事業の施工区域、管理に関する事項、事業費、効果等が定められなければなりません。

 

Q.9 用排水路の改修等を考えているが、補助事業について指導願いたい。

A.9 小規模な、補修や整備については、適正化事業等を導入できると思われる。また、受益面積しだいでは、基盤整備促進事業や県営事業の可能性もあり個別に相談する。

 

Q.10 一級河川から取水している揚水機場の取水口前に、出水ごとに河川土砂利が堆積し、取水のための維持管理で困っている。対処法について指導願いたい。

A.10 抜本的には、ミオ筋が安定している取水位置への変更が必要なのかもしれない。当面は、河川管理者と協議して土砂の排除等をするしかないと考えられる。

 

Q.11 県営ほ場整備事業完了後25年が経過している暗渠等の維持管理に関する問題など様々出てきている。今後の維持管理費が嵩むことは確実であり、何かいい事業はないものか。

A.11 基盤整備促進事業や、維持管理適正化事業等で対応することもできるが、今後どの事業が適当なのか調査する必要がある。

 

Q.12 排水機場において、除塵機のレーキが停止しない為、現地指導願いたい。

A.12 除塵機のレーキを点検したところレーキの摩耗等によりセンサとの距離が大きくなりレーキ通過の確認ができない状態であった。センサーを調整し復帰した。併せてレーキ取付ボルトの緩みがないか点検した。

 

Q.13 揚水機場において、場内排水ポンプの揚水量が低下したので、現地指導を願いたい。

A.13 水中ポンプを点検したところ、異物等の吸い込みといった異常はなかった。電源をつなぎ回転方向を確認したところ、逆回転していた為結線を替えて復旧した。

 

Q.14 施設の老朽化が進み適正化事業などで計画的に改修を図っているが、負担等を考慮すると限度があります。今後の維持管理のあり方について指導願いたい。

A.14 適正化事業が施設の維持管理に関しては導入しやすい事業であるが、市町村からも助成していただければ管理費も嵩まないと思われる。

 

Q.15 ほ場整備事業が計画中であり、実施されれば管内の諸施設は一新される。それまでの間に突発的な故障があった場合の補助事業はあるものか。

A.15 適正化事業に加入しているものであれば緊急整備補修の制度はあるが、それ以外の制度については、特にないものと思われる。

トップページ

トピックス

所在地・連絡先

〒020-0866

岩手県盛岡市本宮二丁目10-1

岩手県土地改良事業団体連合会

TEL019-631-3200

FAX019-631-3260

アクセス

お問い合わせ

sanae

 

PAGETOP