5月23日、岩手県農業水利施設小水力等発電推進協議会(多田繁会長:岩手県農林水産部参事兼農村計画課総括課長)総会が開催されました。

 開会にあたり、多田会長は「農業水利施設における小水力発電施設は、持続可能なエネルギー供給に寄与するとともに、農業水利施設の維持管理費の軽減など、土地改良区の運営改善を図る上で重要な施設である。本協議会において、モデル施設の導入によるコスト縮減や運用開始済施設の運営における課題等を共有・検証し、PR活動等に努めるとともに、県内各地へ施設導入の拡大に向け、新規地区の掘り起こしに取り組んでいきたい」と挨拶しました。

 議事では、平成29年度事業・収支決算報告、平成30年度事業計画・収支予算、規程改正の議案が審議され、満場一致で承認、議決されました。

 また、役員改選では会長・副会長(3名)・監事(2名)が選任されました。

 

【挨拶する多田協議会会長】

【総会の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

≪岩手県農業水利施設小水力等発電推進協議会 新役員名簿≫

協議会役職名 氏 名 職   名
会長 多田      繁 岩手県農林水産部参事兼農村計画課総括課長
副会長 田村     正彦 八幡平市長
副会長 山下     正勝 馬淵川沿岸土地改良区理事長
副会長 田山      清 岩手県土地改良事業団体連合会専務理事
監事 杉村     幸久 九戸村農林建設課長
監事 佐々木    誠造 松川土地改良区事務局長

                                                                         任期:平成30年5月23日から2年間

▼▼▼PDF版はこちらから▼▼▼

http://www.iwatochi.com/main/06/osirase/osirase714.pdf