1月25日(金)、岩手県農村振興技術連盟(千葉匡 会長)は、岩手県土地改良会館で「農政研修会」を開催し、「三陸防災復興プロジェクト2019」の概要について、県政策地域部三陸防災復興プロジェクト2019推進室の千田志保 総務企画担当課長が講演しました。

 講演では、6月1日(土)から8月7日(水)までの開催期間中、「三陸がつながる。日本各地や世界とつながる。ひとつになって更に前に進む。」という基本コンセプトのもと、防災復興や三陸の魅力を伝えるイベントが開催されることについて説明がありました。(別紙研修資料1資料2参照)

 事業計画の説明では、持続的な三陸地域の振興につなげていくため、

 【防災の啓発と伝承】

 【復興の現状の発信と支援への感謝】

 【つながり・関係の強化】

 【地域力の強化】

 【新たな交通ネットワークの活用】

の5つのテーマに沿った「さんりく音楽祭2019」や「さんりく絆スポーツフェスタ」など22のイベントについて紹介がありました。

 参加者からは、沿岸部の宿泊ホテルの確保に関する質問が出されるなど、多彩なイベントへの期待が高まる研修となりました。

 

 三陸防災復興プロジェクト2019については、下記のホームページをご覧ください。

https://sanriku2019.jp/

 

講演する千田担当課長

 

 

▼▼▼PDF版はこちらから▼▼▼

http://www.iwatochi.com/main/06/osirase/osirase781.pdf