全国水土里ネット多面的機能支払促進協議会(田山清会長:本会専務理事)は、4月26日、平成31年度通常総会を開催しました。

 総会では、田山会長から、「水土里ネットが各活動組織を支援するため、調査や情報交換、農林水産省への要請活動に取り組んでいる。水土里ネットが多面的機能支払の活動に果たしている役割を、広く一般にPRしていくことが益々重要」との挨拶の後、平成30年度の事業報告及び決算報告、令和元年度の事業計画と予算に関する議案が審査され、議案通り議決されました。

 また、会長・副会長の任期満了に伴い、新会長には水土里ネット愛知の山本信介専務理事、新副会長には水土里ネット新潟の渡辺仁専務理事が選出されました。

 議案審議終了後、農林水産省農村振興局整備部農地資源課 長山多面的機能支払推進室長から、多面的機能支払交付金の動向について説明があり、「農業・農村の多面的機能が適切に維持・発揮されるとともに、担い手農家への農地集積という構造改革の後押し等地域農業への貢献にも寄与しており、引き続き本交付金による支援が必要。」との説明がありました。

 

【挨拶する田山専務理事】

 

 

▼▼▼PDF版はこちらから▼▼▼

http://www.iwatochi.com/main/06/osirase/osirase804.pdf