令和元年8月2日(金)今年で4年目となる、胆沢平野土地改良区主催の ~歩いて進もう!胆沢平野の探検隊!~「水に親しむウォークラリー2019」 を開催しました。

 今年で11回目となるラリーイベントで、平成21年度から親子クイズラリー、平成28年度から小学3年生以上は子供たちだけでも参加できるウォークラリーにしております。

 水に親しむウォークラリーは、水路に関するクイズに答えながら農業用幹線水路沿いに約3.5kmを歩くもので、水路の役割や農業用水の多面的機能について次世代を担う子供たちに広く伝えることを目的としております。

 今年も申込期間終了前に定員を超え、当日は小学生115名、保護者40名、合わせて155名の参加で開催しました。

 開会式の後、参加者は1班から4班に分かれて出発し、胆沢平野を潤す農業用水を間近に見ながら、クイズなどに楽しく挑戦しました。当日は厳しい暑さとなりましたが、子供たちの元気な声が飛び交い、楽しそうな笑顔がいっぱいあふれたウォークラリーとなり、子供たちも大人も元気よくゴールすることができました。

 昼食後、胆沢平野のシンボルである日本最大級の円筒分水工にある円筒分水アクアパークでイワナのつかみ取り、ビオトープ池では生き物観察を行いました。

 生き物観察ではビオトープ池に棲む生き物の説明と、農業用水の生態系保全の役割について説明しました。

 今年は、歩いて見つけた「あいことば」を子供たちに答えていただき、好評となっているカブトムシを子供たち全員にプレゼントし、昨年同様に大変喜んでいただきました。令和初めのウォークラリーも多数の方々に参加いただき盛大に開催できました。

 参加者アンケートからは「たくさん歩き、いつもと違う体験が出来ました。蝉の抜け殻、木の実、水路を見ながら歩く楽しさがありました。」「3.5kmのウォークラリーはクイズを解きながら胆沢平野の事が知れたので良かった。」等の声があり、「来年もまた参加したい」という多くの声をいただきました。

(胆沢平野土地改良区作成)

 

【 集 合 写 真 】

【探検隊!次の問題はどこかな?】

【イワナ捕まえられたかな?】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼▼▼PDF版はこちらから▼▼▼

http://www.iwatochi.com/main/06/osirase/osirase830.pdf