令和元年7月、胆沢平野土地改良区が「いわて女性活躍認定企業等」に認定、また、「いわて子育てにやさしい企業」に認証され、9月10日、県南広域振興局にて交付式が行われました。

 平野直県南広域振興局長は、「現代日本において女性の活躍と子育て支援は極めて重要であり、これらに率先して取り組まれていることに敬意を表し、実績を残されるよう期待する。周囲の企業にも普及していただきたい。」と挨拶されました。

 その後の対談で、及川正和理事長は、「現場の仕事は男性が行うものという考えが長く定着していたが、今後は女性も活躍してほしい。今回認証を受けた子育ての他に、介護についても時間休や年休を利用して、ワークライフバランスを保って欲しいと考えている」と述べました。

 

【いわて女性活躍認定企業等】認定の内容

管理職に女性を登用

 平成16年までは経理課長としての女性課長がいたが、その後14年間女性課長はおらず、本年度、土地改良区の最大の使命である農業用水の安定供給を担当する水利整備課長に登用した。

戦略的資格取得の促進

 男女共に土地改良に必要な戦略的資格取得の促進を図る。女性職員資格取得状況:土地改良換地士(1名)測量士(1名)測量士補(8名)2級土木施工管理技士(4名)簿記検定1級(1名)

 

【いわて子育てにやさしい企業】認証の内容

育児・介護休業法の規程を上回る勤務時間短縮等の措置

 子の入学式、卒業式へ参加する場合は特別休暇とする。子の学校行事等への参加、看護等に関し、時間単位の休暇取得を認める。

産休・育児休業からの復帰支援

 産休・育児休業中の職員へ毎月所属課の業務進捗の報告をし、情報共有するなど。

 

(胆沢平野土地改良区作成)

 

【「いわて女性活躍認定企業等」認定書】

【「いわて子育てにやさしい企業」認証】

【認証を受け取る及川正和理事長】

【平野直県南広域振興局長と共に】

 

 

 

▼▼▼PDF版はこちらから▼▼▼

http://www.iwatochi.com/main/06/osirase/osirase837.pdf