本会は7月28日、小田島峰雄 会長と 大宮惇幸 副会長、小野寺道雄 副会長が、東北農政局 川合靖洋 局長、小林博行 局次長、原川忠典 農村振興部長に対し、「農業農村整備の着実な推進に関する要請」を行いました。 (添付の要請書参照)

 要請に対し、川合局長からは、「新型コロナウイルスの影響で、令和3年度概算要求が9月末となっており、例年より1カ月短い期間で財務省と予算折衝を行わなくてはならない。特に、新型コロナウイルス対策で大規模な財政支出を行っているため、大変厳しい予算折衝となることが見込まれる。こういった状況の中で十分な予算を確保するためには、地域の声を東京に届けて頂くことが大変重要である。新型コロナウイルスの状況を見て、上京できる機会があれば地域の声を東京に届けて頂き、予算確保に向けた後押しをお願いしたい」とのコメントをいただきました。

 

【左から、千葉専務理事、小野寺副会長、大宮副会長、小田島会長、川合農政局長、小林農政局次長、原川農村振興部長】

【局長、局次長、農村振興部長との意見交換の様子】

 

 

▼▼▼PDF版はこちらから▼▼▼

http://www.iwatochi.com/main/06/osirase/osirase897.pdf