『農業・農村のセーフティーネットを目指して』

活用事例

農地耕作条件改善事業の各種図面作成

(1)活用内容

水土里情報システムに工事希望農地情報を入力し、施工場所の確認、工事内容の確認と調整、発注する際の施工箇所の位置図として活用している。

midori12

(2)活用した効果・メリット

現地へ効率の良い調査計画が立てられ、航空写真、対象農地の表示から施工箇所の確認が容易となる。

 

タブレットを活用した現地調査(多面的機能支払・転作確認)

(1)活用内容

水土里情報システムの地図をタブレットに格納し、現地調査を実施。

①多面的機能支払交付金における、農地維持活動の実施状況の確認

②経営所得安定対策の転作確認(そば・大豆)

midori13midori14

 

(2)活用した効果・メリット

①カメラ機能を搭載したタブレットに、地図が格納されており、従来のデジカメや紙図面が不要。

②GPSを搭載しているため、目的地への移動が容易。

③その場でほ場の状況や確認写真を整理。

 事務処理の負担軽減

トップページ

トピックス

所在地・連絡先

〒020-0866

岩手県盛岡市本宮二丁目10-1

岩手県土地改良事業団体連合会

TEL019-631-3200

FAX019-631-3260

アクセス

お問い合わせ

sanae

 

PAGETOP